エイジングケア シミの場合 ステップ1

 

1加齢によるしみにはどういうものがあるでしょうか。
シミの原因としては、ホルモンのアンバランスや、日焼けしたためにできるものなど様々なものがあります。
シミの中でも、加齢によっておこるものは、老人性色素斑(ロウジンセイシキソハン)といいます。また、
老人性色素斑から老人性ゆうぜいといういぼのように変化するものができることもあります。

 

2加齢によるしみを防ぐにはどうすればいいのでしょうか。
加齢によるしみを防ぐには、大きく分けて、「自分の外部からまもるもの。」と「自分の内部からまもるもの。」
の2種類があります。

 

 

*まずは「外側から守る」紫外線を徹底的にさけるというものです。これは、紫外線によってメラニンが過剰に生成
されるために、その色素が皮膚に残ってしまうためにシミになるからです。紫外線を防ぐには、@日傘や帽子をかぶる。
A室内でも紫外線を浴びるので紫外線カットの化粧品を利用する。などがあります。

 

【できれば、シミ予防のために日傘、帽子紫外線カットの化粧品のトリプルでお肌を守りたいものです。】

 

*つぎに、「内側から守る」抗酸化物質の食品を多くとることです。
これは抗酸化物質の食品をとることで、細胞を紫外線から守る働きがあるといわれているからです。
抗酸化の効果が高いのは、栄養素でいうと、ビタミンA,ビタミンC、ビタミンEです。実際の食品では、
緑黄色野菜(色の濃い野菜)、牛肉レバー、うなぎの肝、果物、植物油、小麦胚芽、ナッツ類などとなっています。

 

【食事は、毎日3回とるものなので、少しでも気をつけるのか、何もしないのかでは大きな違いになるはず・・・
シミを防ぐためにはできるだけ、気をつけるようにしたいです。
こういった、日々の積み重ねは、きっと将来の肌に現れることだと思います。

しわに対するエイジングケア

顔にできたしわ。鏡を見るたびに気になって嫌な気分になるものです。年齢とともに避けられないものとはわかっていても、
やはり憂鬱です。そこで、すこしでもしわを目立たなくする方法について紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

1しわの原因とは
しわには、皮膚の乾燥によっておこるものと、ダメージによるものがあります。乾燥により、角質層のきめが崩れてし
まい皮膚が持っている水分が蒸発ししわが深くなってしまうのです。皮膚のダメージによるものは、顔の表情筋の収縮に
より、繊維のきめが崩れることにより発生するものや、加齢や肌の外部からの影響(紫外線など)により、肌の繊維が傷
つき、肌の弾力がなくなり水分が減るからだといわれています。

 

2しわの予防策とは。
しわを予防し、すこしでも目立たなくする方法をごい紹介します。

 

@乾燥を防ぐようにしましょう。目元や口元は乾燥しやすいので、化粧水などにより水分補給とクリームや、
乳液をぬって、油分補給で乾燥から肌を守りましょう。
Aレチノール配合の化粧品や、ビタミンCを添加した化粧品は、肌のキメを整えて、しわを目立たなくする
働きがありますので積極的にしましょう。
B肌の弾力を少しでも保つように、コラーゲン配合等の化粧品を取り入れましょう。

 

しわの原因は、加齢だけではありません。睡眠不足や食生活の乱れによって肌が荒れることで、結局しわを作る
原因となるのです。しかし、原因はどうであれ、しわのない表情が少しでも若々しく見られる秘訣だと思います。
それには、ここにご紹介したケアをとりいれられる他に日々のケアを大切にする、生活リズムを規則正しくするな
ども心がけていきましょう。

ピックアップガイダンス

アンチエイジング化粧品ナビ
アンチエイジング化粧品に特化したサイトを運営している、この運営者さんですが、全ての商品を自分で買って
ランキング化しているというとても為になるサイト制作をしているようです。実際に当サイトでも参考に致しました。

 

どうやら敏感肌向けのコンテンツで運営しているらしく、お肌のチクチクやピリピリに悩む人は一度訪れてみてはいかがでしょうか??