一番年齢が解るのは「手」と「首」だという考えがあります。顔は、ヘアでかくしたり、メイクやまつげエクステ、
色コンタクトなどである程度興味を分散させることができますが、首や手はなかなかごまかすことができません。
顔は若く見えても、首を見てぞっとするといった経験をお持ちの方もいるかもしれません。ここでは、手と首のお手
入れを提案させていただきます。もしよろしければ、お試しになってみてください。

 

1首のしわを予防するテクニックとは
@枕の高さがあっていないと、首にしわを作る原因となります。枕の高さは、壁に沿って立った時の壁と首の付け根のあたり
までの距離と言われています。自分にあった枕をきちんとえらびましょう。
Aショルダーバックを良く持つ人は、自分が首を傾けてもっていないか確認してみましょう。もしくせになっていたら、
そこにしわができる場合があるので、治すようにしましょう。

 

2手のしわを予防するテクニックとは

 

 

手も、顔のしわの原因と共通するところがあります。それは、乾燥と紫外線対策です。
@家の中で家事をする時にでも、やはり紫外線対策が必要です。手には顔のようにお化粧をしないところですので、
まめに紫外線防止のクリームを塗ることが大切です。
Aなるべく日光を避けるために、日差しの強い時間の外出を避ける、外出する時には、手袋を付けて出かけるように
しましょう。
B手荒れを防ぐためには、家事をする時には、クリームを塗ってから、麺の手袋をして、ゴム手袋をつけて行いましょう。

 

いかがでしょうか。手や首が美しい人は、年齢が高くなるほど貴重なイメージがあります。ぜひ、手も首も美人を
目指しましょう。